一般のお客さま

中立的な立場でリスク・リターンを徹底的にシミュレーション 中立的な立場でリスク・リターンを徹底的にシミュレーション

ハイアークラブとは

ハイアークラブは『不動産のインフォームドコンセント』を実現するという理念に賛同いただいた心ある不動産のプロの皆さんとのネットワークです。
ハイアークラブの相談では、マイハイアーというASPシステムツールを使い、不動産投資案件のリスク項目を様々な角度からシミュレーションをしてそれによってリスクやリターンがどのように変わるかを提示します。併せて関連する法制や税制などの情報もわかりやすくお伝えしています。そして適切な意思決定をするための判断基準を持っていただくのです。

こんな方におすすめです

  • ・不動産の取引や活用、承継で失敗したくない。
  • ・中立的な視点でアドバイスが欲しい。
  • ・様々なシミュレーションをもとに検討したい。

不動産のインフォームドコンセントとは

不動産を金融商品のように考えている方が増えていますが、不動産はまだまだ金融商品とは言えません。一般の方が不動産を安心して買うことができるようになるために必要となるのが「インフォームドコンセント(事前説明と同意)」です。

医療の世界には「インフォームドコンセント」という考え方があります。「治療に関しては医師から十分な事前説明をした上で患者側の同意を取る」というものです。
例えば、「この治療にはこの薬を使います。これにはこういう副作用が起きる可能性があります。」「この手術には生命の危険を伴う場合があります。またこういう後遺症が出る場合もあります。」といった説明を事前にしっかり行い、患者やご家族に同意してもらってから治療を行います。医療の分野ではもはや常識となっています。
不動産投資は提案から検討のプロセスに課題が多いと言わざるを得ません。投資額は数千万円〜数億円と非常に大きくなります。
しかし、提案している物件や建築計画に関するリスクとリターンの関係に関する説明は決して十分ではありません。少なくとも業者によって大きなばらつきがあります。
あるべき姿は、例えばアパートなどの収益物件であれば、空室率、家賃設定、近隣競合状況、物件グレード、修繕計画、管理費など収益(リターン)に影響を与えるリスク項目に関して、たとえ販売に不利な情報であっても、お客様に問われたか問われなかったかに関わらず、全てオープンにして、想定される様々なケースでシミュレーションを実施し、お客様にしっかり納得してもらった上で販売することです。
インフォームドコンセントはお客様側に立った考え方なのです。

シミュレーションツール「マイハイアー」

ハイアークラブの不動産コンサルティングアドバイザーは、シミュレーションツール「マイハイアー」を使って皆さんの不安や疑問にわかりやすくお応えします。

「マイハイアー」でできる、リスクシミュレーションの一例をご紹介します。

収益物件の購入をお考えの方
  • ・目標利回りを達成するための収益価格はいくら?(DCF法)
  • ・検討している物件の投資分析を知りたい!
アパート経営をお考えの方
  • ・目標とする手取り金額を達成するために損益分岐点となる工事費はいくら?
  • ・検討しているアパート経営プランの事業収支のポイントを知りたい!
土地の売却をお考えの方
  • ・今すぐ売るのと、値上がりを待って数年後に売るのとどっちがおトク?
遊んでいる土地の有効活用をお考えの方
  • ・アパート、駐車場、貸しビル、定期借地 … それとも何もしない。どの活用法が一番おトク?
  • ・活用法別のプランを収益額と相続税額で比較して分析すると?
資産があって相続税対策の必要性を感じている方
  • ・私の相続税額は大体いくらかかる?
  • ・どれくらいの規模のアパートを建てると相続税はどれくらいに変わる?
  • ・二次相続まで考えたとき、最初の相続での配偶者の最適配分比率は?
  • ・贈与税、「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」どっちがおトク?
  • ・その他、相続税・贈与税等に関する想定値をシミュレートしてみると?
住宅の住み替えをお考えの方
  • ・私はいくら住宅ローンが借りられる?毎月の返済可能額から見た住宅ローン額が知りたい!
  • ・住宅ローン、金利が上がると返済額はどう変わるの?
  • ・住宅ローン控除、私の場合はどれくらい?