投資家情報

よくあるご質問

企業情報


+

Q.会社設立はいつですか。
A.2005年3月31日です。「会社概要」のページと合わせてご覧ください。

+

Q.上場はいつですか。
A.2016年4月に東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。「沿革」のページと合わせてご覧ください。

+

Q.社名の由来について教えてください。
A.ハイパー・アセット・ソリューションズ(Hyper・Asset・Solutions)の略語から来ています。お客さまに「資産に関する、従来の概念を超えた解決策」を提供しようということを意味しています。

+

Q.グループ会社の状況について教えてください。
A.大きく以下の3つの目的でグループ会社を連結しており、現在、連結子会社が12社あります。(2020年1月末現在)
  1. 事業の垂直統合・水平展開
    目的:部材商社・メーカーをグループ化することで、部材コストの低減と部材の安定供給を確保(垂直展開)。また、外構事業などの関連分野を事業に取り込むことで、事業の相乗効果を狙う。(水平展開)
    グループ会社:(株)アール・プラス・マテリアル、Gardens Garden(株) など。
  2. 既存事業の拡大支援
    目的:既存事業のノウハウを蓄積し、会員企業に共有する支援体制を構築(期待する効果:会員企業の売上拡大および当社へのロイヤルティ増加)
    グループ会社:(株)ウェルハウジング、(株)LHアーキテクチャなど
  3. 新規事業
    目的:クラウドファンディングや宿泊施設の運営など、理念実現に向けての新たな分野へチャレンジ
    グループ会社:ハイアス・プロパティマネジメント(株)、ハイアス・キャピタルマネジメント(株)など

詳しくは、「関連会社」及び「沿革」のページをご覧ください。



事業内容、収益構造、成長戦略


+

Q.事業内容を教えてください。
A.住宅、不動産、建設業界に特化した経営コンサルティング事業を行っています。断熱などの住宅の環境性能向上、住宅を活用した資産運用、クラウドファンディングを使った新たな事業立ち上げから地域の活性化につながるまちづくり事業への進出まで、様々な「住」に関連したビジネスを全国の住宅(工務店)、不動産、建設会社に提案・導入支援しています。
事業内容・当社のアドバンテージ」のページをご覧ください。

+

Q.収益構造を教えてください。
A.当社は業界に共通する経営課題を克服するためのノウハウを収集、分析、標準化し、ビジネスモデルに仕立てたパッケージ商品を「住」関連の企業に提供し、対価として、サービス導入時の「初期導入フィー」、「月会費」、会員企業がサービスの活用で得られた売上実績に応じた「ロイヤルティ等」を得る収益構造となっています。
事業内容・当社のアドバンテージ」のページをご覧ください。

+

Q.御社の強みと特徴を教えてください。
A.当社の強みは、全国1,440社を超える会員企業のネットワークを持っていることです。会員企業を通して常に最新の業界情報を取得できるだけではなく、優れたノウハウや技術を持つ会員企業と連携して、その成功要因を分析・標準化しパッケージに落とし込み、新たな商品開発を行っています。
また、安定性と成長性に秀でた収益構造になっていることも強みとなっています。
事業内容・当社のアドバンテージ」のページをご覧ください。

+

Q.成長戦略について教えてください。
A.成長を加速するために「ロイヤルティ等」の伸長を重視し、会員企業の業績向上の支援を強化していきます。ロイヤルティ等は会員企業の業績に連動した収益で、会員企業が成長を続ける限り当社も成長し続けることができます。会員企業の発展が当社の成長、そして当社が目指す理念の実現につながると考えています。

+

Q.パッケージ商品に含まれるサービスを教えてください。
A.パッケージ商品には、そのブランドを使って営業・販売するのに必要なシステム、ノウハウ、営業ツールなどが全て含まれています。
当社の代表的なパッケージ商品「R+house」に含まれるサービスについて、以下をご覧ください。
「事業内容・当社のアドバンテージ」>「代表的なパッケージ商品

+

Q.どのようなパッケージ商品があるのでしょうか?
A.当社は、住宅環境のハードインフラから情報インフラまでをサポートするパッケージ商品を多数用意しております。
「事業内容・当社のアドバンテージ」>「パッケージ一覧」をご覧ください。

+

Q.パッケージ商品の売上構成比率を教えてください。
A.2020年4月期2Q実績で、以下の売上高実績となっています。
  1. R+house 35%
  2. HySPEED 15%
  3. 不動産相続の窓口 4%

2020年4月期第2四半期決算説明会資料をご覧ください。

+

Q.最新のTOPICSを教えて下さい。
A.IRニュース」または「トピックス」のページをご覧ください。


決算・業績


+

Q.決算期はいつですか。
A.決算期は毎年4月末です。また、業績は四半期ごとに発表しています。スケジュールについては、「IRカレンダー」をご覧ください。

+

Q.次回の決算はいつですか。
A.年間スケジュールは、「IRカレンダー」をご覧ください。

+

Q.決算説明会は開催していますか?
A.第2四半期および通期の決算発表の後に機関投資家向けの決算説明会を開催しています。発表資料および質疑も含めたプレゼン内容を公開しております。
IRライブラリ」をご覧ください。

+

Q.業績について知りたいのですが、どのような資料がありますか。(最新の決算情報はどこから入手できますか)
A.以下のような資料を用意しております。是非、ご覧ください。
決算説明会資料」
決算短信」
株主通信」
最新の決算情報は、四半期ごとの「決算短信」をご覧ください。半期ごとの主な事業活動は、「株主通信(ハイアス・アンド・カンパニー レポート)」をご覧ください。
なお、最新の決算情報や開示情報につきましては、「ニュース」をご確認ください。

+

Q.業績の見通しは、どこに記載されていますか。
A.最新の決算情報」及び「適時開示ニュース」をご覧ください。

+

Q.業績の推移を知るにはどこを見ればよいですか。
A.業績財務情報」をご覧ください。

+

Q.沈黙期間はありますか。
A.決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。「ディスクロージャーポリシー」をご覧ください。


株式・株主・配当金


+

Q.上場取引所と証券コードを教えてください。
A.東京証券取引所マザーズ、証券コード6192です。

+

Q.発行済株式数、売買単位を教えてください。
A.売買単位は100株です。「株式情報」をご覧ください。

+

Q.株式分割を実施したことがありますか。
A.上場以来、以下の株式分割をおこないました。
基準日:2018年2月28日 分割比率 1:3
基準日:2017年4月30日 分割比率 1:3

+

Q.株主総会はいつですか。
A.毎年7月下旬に定時株主総会を開催しています。なお、4月30日現在の株主名簿に登録された議決権を有する株主の皆様に対して、開催日の約2週間前に総会の招集ご通知をお送りしています。

+

Q.年間の配当について教えて下さい。
A.誠に申し訳ございませんが、2021年4月期は無配となります。

+

Q.配当金受領の株主基準日はいつですか。
A.受領株主確定日は、中間配当金が10月31日、期末配当金は4月30日です。
ただし、権利を得るためには、上記権利確定日を含む4営業日前(但し、権利確定日が土・日・祝日の場合は、その直前営業日を含む4営業日前)までに株式を購入していただく必要があります。詳細はお取引の各証券会社にお尋ねください。

+

Q.配当金の受け取り方法を教えてください。
A.お取引の証券会社等にお問い合わせください。

+

Q.株主名簿管理人はどこですか。
A. 三井住友信託銀行株式会社です。

+

Q.名義書換、住所変更等の株式事務手続きの窓口はどこですか。
A. 三井住友信託銀行・証券代行部(0120-78-2031)へお問い合わせください。

+

Q.株式手続きに関する問い合わせ窓口はどこですか。
A.株式情報」のページをご覧ください。

+

Q.株価情報について教えてください。
A.株価情報(yahooファイナンスリンク)」をご覧ください。株価については、市場の売買により決定されるものであり、当社は株価や出来高等についてコメントを差し控える方針です。

+

Q.株主優待制度はありますか。
A.現在、予定しておりません。