IR IR情報

投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社は、2016年4月5日、会員社数が約1200社を超え事業基盤が安定化して行く中、更なる事業の飛躍と社会的な信用や知名度の向上、財務戦略の多様性等を目的として、東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。

2005年4月、「個人が住宅不動産を納得し安心して取得(購入)、居住(運用)、住替(売却)できる環境をつくることです。」を社会的な使命とし HyAS&Co.Inc.を設立いたしました。この企業理念に基づき実直に商品開発と事業展開を行ない今日に至れましたことは大変に幸運であったと思っています。ご支援頂きましたステークスホルダーの皆様には感謝の言葉もありません。

日本の1970年代までのインフレ経済下での住宅購入は「安全な投資」と言われてました。しかし、1980年代以降の経済成長スピードが減速し、バブル崩壊以降のデフレ経済が継続する中、諸所の事情により住宅供給に関する政策は大きく変更されることなく四半世紀を経過してしまいました。結果として、空き家問題や宅地分散による行政コストの増加問題が発生してしまいました。
今後、人口や世帯数がピークアウトした2015年を境に住宅供給に関する大きなパラダイム転換を迫られるものと予想しています。
自治体が町の経営を意識し、人口増減を意識し、存続と発展を図り、個人は住宅購入時に投資判断し、その後の資産価値を意識し、自治体選挙や自治会を通して皆が住みたい町にしようと努力する。住民はそのような真っ当な宅地や町とのつきあい方を考えるようになるものと思います。

そのような状況を少しでも早期に実現すべく、手前の課題から順次、当社なりの回答をソリューションという形で提供して行きたいと考えています。

当面は企業価値の継続的な向上に努めることで、株主の皆様からのご期待に応えてまいりたいと考えております。株主・投資家の皆様におかれましては、これからも当社に一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2016年4月
代表取締役社長

濵村 聖一